ちょっとでも安く買いたい!白ロムスマホのススメ




だいぶ前からある白ロムスマホ。
大手古本ショップや、中古ゲームショップの隅に白ロムコーナーがありますよね?
携帯電話を買い替えたいけど、高くつきそうだしなんか嫌だ…。
そういうときこそ白ロムの出番でしょう!!

 

■そもそも白ロムって何だ?

白ロムというのは、SIMカードを抜かれた状態の携帯電話、スマホのことです。
大抵は持ち主が使っていた機種を中古ショップに売り払い、それを販売している物を指します。
または友人から譲り受けた場合でも、SIMカードを挿せば使える状態であったら白ロムということですね!

 

■白ロムを買ったけど、どうやって使うの?

これは実に簡単です。
お手持ちの機種からSIMカードを抜き取り、白ロムに挿し込めばハイおしまい。
一瞬で終わるセルフ機種変更です(笑)
今はSIMロック解除というサービスを行っているところもあるので、そういう手順を踏まなければ挿し替えができない場合もあります。

 

■白ロムにすることでメリットはあるの?

・安く機種変更ができる
・本体さえ入手すれば機種変回数も制限なし
・大手携帯会社でよくある○年契約というルールが無い
・機種代を払えばあとは通信費用だけなので費用削減に繋がる

箇条書きをするとこんな感じでしょうか。
とにかく安いのが最大のメリットなんですね。

 

■確かに安いんだけど…白ロムの落とし穴

Q,大手携帯会社で契約してあったお手持ちの携帯電話、スマホを白ロムにして機種変更をしました。
さて、これから先はどんなリスクがあるでしょうか?
A,全てが自己責任になる。

そうなんです…
厳密に言えば、購入店舗で一ヵ月保証というものは付けてくれますが……そんな早く壊れないですよね(笑)
壊れたとしても保証書とレシートと現物を持ち込み、同じ品があれば良いですが大体は同価格の似たような白ロムと交換ということになります。
で、その保証される一ヵ月を越えたら何が起きても誰も助けてくれなくなるんですね。
今までは突然故障したとか、通話ができなくなった等のトラブルが発生した場合は契約会社のサポートセンターに問い合わせれば大体解決できていました。
しかし、残念ながらそういうのが一切なくなります。

・水に落としてデータが吹っ飛んだ
・強い衝撃が加わったせいで画面が映らなくなった
・電池パックが使えなくなった
・理由はわからないが通信できなくなった

様々なトラブルが考えられますが、そのような場合でも助けてくれるサポートセンターはもうありません。
ん~…リスクとしてはちょっと高い気がしなくもないような…?
電話帳やメールのやり取りが全部飛んだと考えると、ビジネスマンが手を出すには難しい選択かもしれません。

 
■結局のところ…

白ロムにすると安くなるけれど、万が一の事態になってしまうと助けになってくれる人がいない!
という一長一短なところがある方法だというのがわかりました。
近年高くなりすぎてどうしようもなくなっている携帯電話業界ですが、安さを追求するとリスクが伴ってくるのも考え物ですね…。
白ロムに手を出される方は、くれぐれも自己責任でお願いします!!




あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ