格安スマホをおサイフケータイにする方法【対応端末は?】




「便利なおサイフケータイが使えない!?」

小銭を取り出さなくても「ピッ」とお会計ができる電子マネーは便利ですよね? 一度その味を知ってしまうと、おサイフケータイなしには戻れない神機能です(^^)/

そんな便利機能ですがドコモ、ソフトバンク、auなどの大手携帯会社では、おサイフケータイ機能が当たり前に付いていたので、あまり気にせず機種を選んでも問題はなかったのですが、格安スマホではおサイフケータイ機能が付いている端末が少ないです。

でも携帯料金は安くしたいので格安SIMを検討してる、でもおサイフケータイは使いたいと言う方のために、格安スマホをおサイフケータイとして使うためのアドバイスを書いていきます!

方法その1 手持ちのおサイフケータイ機能が付いているスマホをSIMロック解除

最も簡単でお金がかからない方法として、SIMロック解除をオススメします。もちろんおサイフケータイ機能が付いていることが前提ですが、その機種をショップへ持って行き解除の手続きを進めましょう!

それが終わったら格安SIMの契約になるのですが、そこで気をつけることがあります。それは、「docomoならdocomo回線の格安SIM、auならau格安の格安SIMで契約すること」です。

格安SIMはdocomo回線とau回線があって、大体はどちらか一つの回線でサービスを提供しています。ただmineo(マイネオ)だけはどちらも備わっていて切り替えも可能なので、そこのところがよくわからなかったり心配ならmineoで契約すると良いと思います。

方法その2 格安スマホのなかでおサイフケータイ機能が付いている機種を買う

こちらは全て一新して買い換える方法になります。先ほど格安スマホにはおサイフケータイ機能が付いている機種が少ないと言いましたが、以下の3つが個人的オススメなので購入するときの参考にしてください。

  • SONY Xperia J1
  • FUJITSU ARROWS M02
  • AQUOS SH-M02

ちなみにお気づきの方もいらっしゃるかもしれませんが、これらは全て日本製です。

おサイフケータイという機能は日本製のスマホにしかついておらず、海外から購入したり、日本で購入しても海外スマホだったりするとおサイフケータイは使えないので、事前によく調べておきましょう。

スペックだけを見ると海外のスマホの方が良いのですが、おサイフケータイが使いたいなら日本メーカーのスマホに格安SIMを入れないとダメですので注意が必要です。

ちないに私のおすすめ機種はそこらへんの機能はしっかりついているので心配ありませんし、ソニー、富士通、シャープなど超大手メーカー製なので使用感も安心です!!

メーカー保証の付いているものを買おう

おサイフケータイというのはスマホの中にお金を入れて持ち歩ける機能なので、万が一壊れてしまって起動ができない状況になると中のお金が全部消えてしまう……なんてことも大いに考えられます。

数千円くらいなら引き出せなくなってもあきらめがつきますが、数万円チャージした状態で格安スマホが壊れたらシャレにならないですよね? 想像しただけでもショックすぎてヤバいですよね?

そんなトラブルを避けるために、必ずメーカー保証のついている国産格安スマホを購入するようにしましょう!

間違って保証に入らず、入れたお金がふとした時に消えてしまっては大変です。おサイフケータイはそのようなリスクを抱えていることも念頭に置いて、これからの契約を進めるのが良いでしょう。また万が一に備えて、チャージする金額を抑えるのもテクニックの一つです。

ちなみに格安SIMではiDが使えません。WAONやnanacoは使えるのですが、iDだけはdocomoの認証がなければならないので、回線でdocomoを選んでも使えないのです。白ロムでも一緒で、iDだけは同一の理由から使えません。

まとめ

それではココまでの話をコンパクトにまとめてみますね~

  • 格安スマホでおサイフケータイ機能が付いているのは日本製の機種のみ
  • メーカー保証の付いているものを買う
  • 格安スマホでおサイフケータイを使う場合はiDが使えない

おサイフケータイは日本独自の機能になりますので、どうしても対応端末が限られてしまいます。海外製のスマホに格安SIMをインスコする方法だと使えないので注意が必要です。

ただおサイフケータイの便利さに慣れてる人にとっては、どうしても欲しい機能となりますので、格安スマホを選ぶときはこの記事で解説した内容を踏まえて選ぶようにしてくださいね~




あわせて読みたい関連記事

コメントは受け付けていません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ